ホーム < 加盟校紹介 < 聖路加国際大学

創立1920年9月
        聖 路 加 国 際 大 学
104-0044 中央区明石町10-1


Do Your best, and it must be first class.

(最善を尽くせ、しかも一流であれ)



1902年、聖路加病院を開設したルドルフ・B・トイスラーは、1920年、キリスト教の精神に基づいて、教養ある看護職を育成し、日本の看護の質の向上を目指して聖路加国際病院附属高等看護婦学校を設立しました。設立時に指導経験豊かな米国人アリス・C・セントジョン女史を招き、臨床看護教育の他、予防と保健を重視した公衆衛生看護を教育するなど、設立当初より高等看護教育のパイオニアとして、常に先進的で最高レベルの看護を追及してきました。1927年聖路加女子専門学校、1954年聖路加短期大学、1964年聖路加看護大学を経て、2014年、聖路加国際病院と聖路加看護大学を聖路加国際大学とし、学校法人のもとでの一体運営を実現いたしました。設立当初から理想として掲げた有機的な一体運営体制は、教育・研究・実践(臨床)の融合を実現し、それぞれの分野に革新をもたらしています。

 
聖路加国際大学 (法人)

聖路加国際大学


104-0044 
中央区明石町10-1 
TEL 03-3543-6391


大学院
看護(看護・公衆衛生)

学部
看護(看護)


Copyright:(C) キリスト教学校教育同盟