ホーム < キリスト教学校教育 < 03年4月号 < 1面

加盟校動静

 フェリス女学院
 4月1日付で小塩節氏が院長を退任、後任に岡野昌雄氏が就任された。

 平和学園
 1月31日に召天された理事長伊藤虎丸氏の後任として、夏村充氏(学園長兼任)が就任された。

 立教学院
 4月1日付で松平信久氏が立教新座中高校長を退任、後任に後藤篤氏が就任された。

 聖望学園
 渡部勲氏が校長を退任、後任に湯口隆司氏が就任された。

 聖和大学
 2月に山村慧氏が理事長を退任、後任に山野上素充氏が就任された。

 桜美林学園
 大学のプラネット淵野辺キャンパス(PFC)竣工式を3月30日に挙行された。同盟を代表し深町正信理事長(青山学院院長)が祝辞を述べた。

     動静は同盟事務局へ3月20日までにご連絡頂いたものを掲載しております。

 事務局主事交替
 本同盟事務局の田添禧雄主事は3月末で退職。後任には相澤眞喜氏が4月1日付で就任。相澤眞喜氏は、東京神学大学大学院修士課程修了。横須賀学院、遺愛学院、金城学院の聖書科教諭・宗教主事を歴任。日本基督教団正教師(教務教師)。これまでの経歴から、加盟校との関係も深い。
 なお、田添氏は日本基督教団姫路福音教会牧師に就任した。

キリスト教学校教育 2003年4月号1面


(C)2002-2003 キリスト教学校教育同盟