ホーム < キリスト教学校教育 < 03年4月号 < 1面

特集:中高校のボランティア教育・活動は今どの様に行われているか
3中高校のケース紹介とアンケート・統計

〈設 問〉

1.現在どのような形態でボランティア活動を実施しているか。
  A 学校行事
  B 宗教部などの分掌
  C 生徒の自発的プログラム
  D その他。

2.学校行事として実施している場合の内容は。

3.宗教部・生徒組織が実施している場合の内容は。

4.学校として経済面での援助は。
  A 学校で予算化し、主な出費は援助
  B 学校予算なし、生徒から必要経費徴収
  C 必要経費の一部は学校負担
  D その他。

5.ボランティア活動の理念は。
  A 学校の建学の精神や校訓に基づいて
  B 実施担当分掌独自の考えに基づいて
  C その他。

6.宗教部などが主催する場合の募集方法は。
  A 礼拝終了時や全校集会、学年集会の際に紹介
  B クラス担任を通してHR時に
  C 掲示板
  D 聖書科授業を通して
  E 生徒宗教部が担当
  F その他。

7.ボランティア活動を実施する上での保険加入は。
  A 参加生徒に強制加入
  B 任意加入
  C その他。

8.内申書記入等進学の際の評価は。
  A 基本的に評価している
  B 評価していない
  C ケース・バイ・ケースで評価。

9.ボランティア活動を「総合学習の時間」として単位認定し位置付ける計画は。
  A ある
  B 将来的に検討
  C ない。

10.海外ボランティア・プログラムは。
  A ある
  B 計画中
  C ない。

11.ボランティア活動の問題点、課題点は。

12.他校と共催したいボランティア活動。



キリスト教学校教育 2003年4月号2面


(C)キリスト教学校教育同盟