ホーム < キリスト教学校教育 < 03年9月号 < 7面

第47回事務職員夏期学校に参加して
新鮮な思いになれた夏期学校
中村光博

 今回参加させて頂いた夏期学校のプログラムの中で、野村祐之先生の講義は特に印象深いものでした。野村先生は「分析知」「関係知」ということばを用いて、キリスト教・聖書への理解を深める手だてを論理的に導いてくださいました。クリスチャンではない私にとって大きな収穫であったことは、「分析知」という科学的観点に囚われがちだった自分に気づき、キリスト教主義学校に勤める者として、「関係知」というコミュニケーションを重んずる「聖書的」観点を深めていかなければ、という思いになれたことです。また、グループ討議においては、各学校から参加された方々との交流の機会を得られ、建学の精神や礼拝の実施状況等、他学校の様子を知り得ることができました。私が特に関心を持った議題は、各学校における「建学の精神」と「私学経営」という両面の捉え方です。オープンキャンパスなどの各種イベントの日曜実施の問題や、学校案内でのキリスト教主義学校としての紹介の仕方、あるいはキリスト教関係科目の必修・選択の位置づけなどは具体的な課題であると思います。討議のなかで統一した答えを出せたわけではありませんでしたが、各学校の対応や姿勢を知ることができただけでも大変有意義でした。この三日間で深まった思いは、「キリスト教主義学校の事務職員として、キリスト教・聖書への理解を深め続けることに心がけ、あたたかい心をもって学生、教員とよりよいコミュニケーションが持てるよう努めたい」です。今回の夏期学校で出会うことのできた皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

〈中部学院大学教務課〉
キリスト教学校教育 2003年9月号7面


キリスト教学校教育同盟