ホーム < キリスト教学校教育 < 04年10月号 < 1面

第四回『キリスト教学校教育同盟百年史』編纂委員会を開催

 第四回『百年史』編纂委員会は9月24・25日、神奈川県葉山(湘南国際村センター)で開催された。委員長以下顧問・委員・事務局の計20名が出席した。初めに「作業委員会」の報告があり、続いて「内外協力会について」の発表を大西晴樹委員、「海外資料に現れたキリスト教学校教育同盟」の発表を伊藤高章委員がそれぞれ行った。

 さらに「同盟の教育研究中央委員会について」を榑松かほる委員が発表した後、各委員会の活動についてパネルディスカッションに入った。大学部会は大森秀子委員、中高部会は黒川信也顧問、中高聖書科はゲストとしてお招きした小林茂氏が発題した。

 前回に引き続いて「地区協議会活動」は、東北・北海道地区を佐々木勝彦委員、西南地区を塩野和夫委員が発表した。

 今回は内容豊かで実り多い委員会となった。(詳細は次号掲載)
 

加盟校動静
広島女学院
 広島女学院大学学長に
今田寛氏八月一日付で就任。前学長西垣二一氏は院長・理事長として引続き在任。
 大学新図書館竣工式が十月一日午前十一時に挙行される。

遺愛学院
 創基百三十周年記念式典・祝賀会が十一月二日に行われる。

聖ステパノ学園
 新講堂落成感謝礼拝式が九月二十三日に行われた。
  

キリスト教学校教育 2004年10月号1面


キリスト教学校教育同盟