ホーム < キリスト教学校教育 < 07年01月号 < 2面


通算600号に寄せて

30年間続けた「編集後記」
伊達宗浩

 私が広報委員を委嘱されて初めて教育同盟を訪れたのは銀座教文館に本部事務局が在った頃でした。総主事が末包一夫先生で主事が神崎壽枝さんでした。私は立教大学の広報課長を務めていた頃でしたが、月に一回は同盟の広報委員会が行われたので事務局に顔を出して新聞発行のお手伝いをしました。新聞は神崎さんが編集内容を前もって殆ど準備されていたので委員会はそれを追認し、後は四方山話で終わったものでした。末包先生からは全国のキリスト教学校の様子を伺い、自分の学校の在り方を考えたものでした。

現在の場所に移ってから、総主事の清水二郎先生のご人格にキリスト者として大変影響を受けましたが、新聞に掲載された不適切な記事の件で、先生が大変ご苦労されていたことが記憶に残っています。

 私が神崎さんから新聞の「編集後記」を書くよう依頼されたのは一九七〇(昭和四十五)年十二月号でした。以来一九九九(平成十一)年四月号まで三十年近く書き続けたのですが、この間は大学紛争など大学も多事多難の時代でしたから、毎月の編集締め切り間際に電話での口頭送稿が殆どでした。発行された新聞の「編集後記」を読んで身の縮む思いを何度かしましたが、いつも神崎さんに励まされてはとうとう編集委員を辞めるまで書き続けることになりました。

 私は一九八三(昭和五十八)年立教大学は定年になりましたが、その後一九九九年まで十数年間、特別委員として同盟の広報活動に参加させていただきました。この間、同盟の総会には全国各地のキリスト教学校を訪れ、また全国広報委員会では各地の学校でキリスト教教育に携わっている先生方にお会いできたことは私自身の大きな栄養になったと感謝しています。

〈元立教大学総務部長、元同盟広報委員〉

教育同盟と私のかかわり
鵜川 馨

 キリスト教学校教育同盟との最初のかかわりは、一九七〇年代から一九八〇年代の前半に立教大学から夏期研究集会の委員や委員長として参画し、会長には、宮本武之助、松山義則、竹内寛、秋田稔といった諸先生を戴き、懇切な御指導を受け、事務局の神崎壽枝女史のお世話になったことが懐かしく思い出されます。

 一九九〇年代には、関東地区協議会常置委員、維持財団評議員に任命され、一九九三年には箱根で開催された「関東地区新任教師研修会」の講師をお引き受けしたこともありました。

 立教女学院の院長に就任したことから、一九九七年に広報担当の常任理事に任命され、二〇〇四年まで、七年間「キリスト教学校教育」の編集にかかわりました。歴代の広報委員には、なぜか立教関係者が多く加わっていて、立教女学院小川清院長、立教学院八代崇院長が担当理事でいらしたし、立教大学の伊達宗浩総務部長も広報委員で、長いこと編集後記を執筆されました。毎号、締め切り間際に、時宜を得て、鋭く且つ軽妙な文章を寄せられ、大変評判となり、編集後記から読む愛読者さえおられたと伝えられております。伊達氏が広報委員を退かれて以降、編集後記はしばらく紙面から消え去ることになりました。

 二〇〇〇年の同盟の総会で『キリスト教学校教育同盟百年史』編纂委員長に任命されましたが、常任理事退任と同時に辞することになりました。

常任理事に在任中、二〇〇二年六月七日・八日に、同盟の第九十回総会を新築なった立教女学院で開催して戴く光栄を得ました。立教女学院で総会が開かれたのは三回目で、殊に、ローマ・カトリック教会との対話の機会が与えられ、その後、キリスト教学校教育同盟とカトリック学校連合会との密接な交流が始まり、聖公会が持つブリッジ教会という役割を生かせたことは、洵(まこと)に喜ばしいことでした。

〈前立教女学院院長、前広報委員会担当理事〉


変わらない「キリスト教学校教育」
田添禧雄

私は一九九九年から四年間、教育同盟主事を務めさせて頂いた。私の仕事は、次代へのリリーフ的な過渡期的役割であった。「キリスト教学校教育」編集実務もそのひとつであった。

教育同盟を辞めて四年、毎月お送りいただいている「キリスト教学校教育」を眺めながら、いつまで経っても少しも変わらないなというのが実感である。テーマといい、割付といい、紙面構成も変わっていない。それは私の時代も、その前の時代からも基本的には変わっていない。

それゆえに批判も多い。私の時代にも広報委員会は度々(四三四号、四五四号)弁明に努めた。確かにこの「キリスト教学校教育」の宿命的な使命として、総会はじめ代表者会、諸研究会等々の諸集会の記録の保持が本紙をいわゆる面白い読み物としないことは否めないが、教育同盟の重要な役割を果たしているのではないか。この度の『百年史』編纂には大いに役立っているのではないか。

しかし実は、月々時々刻々と編集者は改良の努力をしている。私も四年間でどれだけいろいろなことを変えただろうか。

こんなことを書きながら、当時の編集が思い出される。就任早々まず驚いたのは、その紙面割付の仕方であった。当時、送られてくる原稿もほとんど手書きで、まずその原稿を印刷所で一行十三字の棒打ちを作らせ、それを割付用紙に手を真っ黒にして貼付けてゆく作業であった。同盟にはまだパソコンなどないワープロ時代であった。それからパソコンを導入し、メールで入稿するようになり本当に楽になった。校正はいくらやってもミスはなくならず、広報委員会のたびにある委員から、鬼の首を取ったかのごとく、これだけ赤字があると叱られたのも懐かしい。様々な行事に追われながら毎月否応無しにやってくる編集発行の仕事は同盟主事には大きな仕事であるが、私の場合Fさんという有能な職員に助けられ、もともと新聞の編集は嫌いではないので結構楽しんでさせて頂いた。

広報委員会、実務者の見えないご努力に感謝しつつ、六〇〇号おめでとうございます。

〈日本基督教団姫路福音教会牧師、元教育同盟事務局主事〉

共にキリスト教教育を担うために
相澤眞喜

 「キリスト教学校教育」が、通算六〇〇号を迎えられますことをお祝い申し上げます。私は一九六四年四月号(通算一六六号)から今日まで、読者として、或る時は執筆者として、また或る時は編集・発行の実務者として関わってきましたので、本紙に対しては特別な愛着を覚える一人です。

 ご存知のように「キリスト教学校教育」は、教育同盟の広報紙として三つの使命と目的があります。〈総会および諸集会の記録保持のため〉、〈キリスト教教育の基本理念の明確化のため〉、〈加盟校の相互理解ならびに連帯のために〉であります。従って、一般の広報紙とは異なり、ニュース性の遅れはありますが、キリスト教教育の問題を共有して行く上で大事な役割を果たしています。
 
 今日、政府が教育再生の柱として、教育基本法改正の早期成立を期しています。

このような時に、私たちは過去の訓令十二号(一八九九年)の歴史的出来事の反省に立って、キリスト教教育を担うために、共に研鑽し、協働者としての交わりを堅くして行きたいと願います。

 この広報紙は、全国の加盟校の教職員の方々のご協力によって毎月(但し八月、二月は休刊)発行されています。協議会・研究会・研修会の講演・報告等の記事は担当の先生方がご多用の中で、執筆してくださっております。また「キリスト教Q&A」はキリスト教を理解し協力していただくために広報委員会で工夫しています。どうぞ一人ひとりがよい読者であってくださるよう願っています。また、各校の研修会等でこの広報紙を用いてくだされば幸いです。

十年後の通算七〇〇号に向かって、更に「キリスト教学校教育」がその使命と目的を果たして行くことを祈念いたします。

〈日本基督教団札幌教会協力牧師、前教育同盟事務局主事〉

広報委員を30年間務めて
坂田雅雄

「キリスト教学校教育」が通算六〇〇号を迎えるとのこと、三十年間広報委員として新聞に関わる事が出来た幸せを心より感謝したい。

 新聞の編集は、広報委員会で内容の企画や原稿依頼先の検討、如何に講読し易くするかなど、絶えず気を配る任務であった。広報紙の性格上様々な制約を受けるが、一人でも多くの学校関係者に読まれることを願いつつ編集にあたった。

 同盟の新聞は読み難い、との批判も多く、その理由も、漢字が多くて硬い文章、という印象が強いと聞く。それでも行数、字数は減らし、活字も大きくするなど絶えず工夫を検討した。確かに若い世代には読み難いかもしれないが、この新聞の情報量は極めて多く、振り返って見ると、各時代ごとに、その時代の教育情勢を繁栄する内容が散りばめられ、またその移り変わりなど、歴史的にも貴重な資料となっていることは事実である。

 特に一面の囲み記事は各学校の責任者の格調高い主張が述べられ、啓発されることが多かった。また総会、研究会等の報告記事、主題講演など、参加者以外にも提供される情報は、加盟校の共通理解、協力、一致にも役立っているといえる。

 月一回の広報委員会は、加盟校それぞれの情報を得ることの出来る機会でもあったし、今何が重要な課題かなど、参考になる意見交換の場でもあった。また全国広報委員会では、各地区での新聞の読まれ方なども報告され一喜一憂したものである。教職員には配布される印刷物が多い中で、読まれる新聞にすることは難しい課題である。

この新聞が、キリスト教学校の使命、加盟校の共通理解に向けて、これまで果たしてきた役割を一層充実させつつ、今後予想される厳しい教育改革に、キリスト教学校がどう対処すべきかなどの指標として役立って欲しいと願うものである。

〈前明治学院高等学校校長、前教育同盟広報委員長〉

キリスト教学校教育 2007年01月号2面


キリスト教学校教育同盟